2009<年%prev_month>月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

中部の私立大学展から大学を見極める方法!

本日8月29日岐阜会場を皮切りに中部地区5会場で中部の私立大学展がスタートする。
中部地区の大学を目指す高校生はぜひ参加していただきたい。主催が「教育産業などの業者」でなく「愛知県私立大学広報委員会」(加盟校一覧)

結局、愛知県の大半の大学・短大が加盟するだけでなく、岐阜・三重・静岡の大学等も賛助会員として名を連ねている。加盟校や賛助会員校全てが参加するわけでなく、豊田工業大学など募集状況が好調なところ(?)は毎回参加しない(と言うよりも参加費の費用対効果か?)逆に定員割れの大学や・短大、経営が危ぶまれている大学・短大が参加するので気をつけたい。
ただ、会場の様子を見ていると毎回、「人気のある大学」と「不人気の大学」が大きく分かれている。 受験ブログへ

○参加大学
<愛知県>愛知大学、愛知医科大学、愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知産業大学、愛知淑徳大学、愛知東邦大学、愛知文教大学、愛知みずほ大学、桜花学園大学、金城学院大学、至学館大学(現中京女子大学)、修文大学、椙山女学園大学、星城大学、大同大学、中京大学、中部大学、東海学園大学、豊橋創造大学、同朋大学、名古屋音楽大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋学芸大学、名古屋経済大学、名古屋芸術大学、名古屋産業大学、名古屋商科大学、名古屋女子大学、名古屋造形大学、名古屋文理大学、南山大学、日本赤十字豊田看護大学、日本福祉大学、人間環境大学、藤田保健衛生大学、名城大学
<岐阜県>朝日大学、岐阜医療科学大学、岐阜経済大学、岐阜聖徳学園大学、中京学院大学、中部学院大学、東海学院大学
<三重県>
皇學館大學、鈴鹿国際大学、四日市大学、四日市看護医療大学
その他短大も参加する。詳細は「中部の私立大学展」
スポンサーサイト

| 中部の私立大学展 | TOP↑

≫ EDIT

点数至上主義? 全国学力テストは必要ですか?

私見として「全国学力テスト」は必要ないと思っている。
(前犬山市長の考えに同調する点はあるが・・・)

自分の子どもが全国でどこのレベルにあるか知りたいと思っている親は多い。
しかし、49億円も使う政府には「あきれる」としか言いようがない。
「税金の無駄遣い」をしていたのには誰しもが納得するところであろう。
元官僚であった父や後輩の官僚が「必要悪」を説こうとする。
「必要な悪」はないと思うのだが・・・。

元犬山市長も力説していたが私も様々な業界で説いてきた。
文部科学大臣(現在は元)2人にもお話しする機会を得た。
現名古屋市長の河村氏にも衆議院時代に話した記憶がある。

偶然(?)なのか民主党は学力テストを見直すという。

この話を聞いたときには「やってくれたな」と思った。
しかし、流石だ。廃止にするのでなく、改善である。
実施を一部の学校だけにして事業経費を削減するという。

それが、「40億円も削減」するというから心は揺らいでしまう。 受験ブログへ

| 教育関連情報 | TOP↑

≫ EDIT

PTA対象 進路講話① 「私学と公立」

関東・関西に続き、中部地区も「私学志向」が強くなってきている。東海中学、南山中学、滝中学・・・など、その後姉妹高校に進学して東大や有名私大などを目指す。

これも「公立教員の怠慢」(組合問題?)から、学費が多少高くても中学から私学に入れる全国的な傾向に倣ってきた。ただ、愛知県の現実は未だ公立には叶わない。岡崎、旭丘、明和、瑞陵、一宮・・・などの旧制中学に合格できるのであれば良いのだが、「合格できる」確信が持てないため「中学から私学」といった「安全路線」を選ぶ。

ボーディングスクールとして2006年4月に設立された海陽中等教育学校のような新鋭校は
まだまだだが、今後、愛知県の教育界に刺激を与えてくれるであろうと期待をしている。
互いに切磋琢磨しながら更なる向上を望むところである。
中部地区においては私学は「衰退傾向にある」とも言われているが・・・。

公立が強い地域であるが為か「教職員の資質」が問題であるとも。
中部地区は元々「公立に就職できない者」が、「私学に就職」してきている。公立の教員採用試験に合格できなかった「情熱ある教員」が私学に多い。

基本的なペーパーテストなどのような能力は公立の教員が高いのであろうが・・・・。
「教育者としての資質」を単なる試験では計れないと思うのだが・・・ 受験ブログへ

| 中学情報 | TOP↑

≫ EDIT

在学生に大きく影響する私学経営。甲子園優勝の中京大中京は?

甲子園決勝戦「中京大中京高校」が優勝した。本当におめでとう。
43年ぶり、7度目の優勝である。
久しぶりに高校野球の「愛知県」がクローズアップされたわけだ。

中京大学中京高校は、元々は「スポーツする者」が進む高校で「学力的なものは問われない高校」であった。しかし私学である。公立の強い愛知県では進学率の高い高校でないと生き残っていけない。県内で数校が潰れるといわれている。相当前から、某高校を擁する法人が売りに出ていたほどである。近隣県の三重県や岐阜県も同様である。公立にない特色を出す。国公立・有名私大に何人合格させたかが私立高校の評価となる。仕方ないのかもしれない。

この中京大学中京高校においても同様である。
1995年には普通科のみとして定員も削減。倍率も上がるわけだ。1998年ごろには男女共学とする。中京大学も含め学園全体でリエンジニアリングを進め。生き残りを掛けた改革は中部地区の中では成功と捉える教育関係者も多数いる。

ただ、大学も高校も実績がまだまだ少ない。スポーツオンリーの時代が長かったから仕方ないであろう。40代過ぎの方に対して中京大学や中京高校の現在の偏差値などを話すと皆さん驚かれるのも学園側の努力である。ただ、大学の就職実績や高校の進学実績はまだまだだが、あと10年もすればきっと素晴らしい実績を挙げると考える。教員や教授陣も素晴らしい方々を集められているからである。学園の経営状況が良好な証でもあるが・・・。

いずれにせよ、来春の中京大中京高校の受験生は増加する。甲子園優勝が引き金になって更なる飛躍を期待したい! 受験ブログへ


| 高校情報 | TOP↑

≫ EDIT

予測できたか!・・・実は予測していた方もいた。

中部勢の県立岐阜商業高校と中京大中京高校がベスト4に進出。
誰が予測したであろうか?岐阜県勢と愛知県勢がココまで来ると。

しかし、決勝戦を県立岐阜商業高校と中京大中京高校と予測していた方がいた。
県立岐阜商業高校同窓会・・・凛心会の元会長さんである。
「今年は県岐商はいけるぞ!ただ中京大中京も手強い。決勝戦はこの2校だな」っと。

5月に行われた東海地区高校野球大会では「7対1」で中京大中京が圧勝している。
藤田監督のお守り「甲子園の芝」にでもお願いするか! 受験ブログへ

| 教育関連情報 | TOP↑

≫ EDIT

「学力格差」「教育格差」だけでなく「健康」にも影響があるようだ。

親の年収で子供の「学力格差」「教育格差」につながることが判明しているが。
驚くなかれ年収が「健康」にも関わってくるというのだ。

「社会政策研究」の中で日本福祉大学教授近藤勝則氏が記している。
欧米でのことであるが深刻な問題として捉われているようだ。

要は年収や学歴が低いと「健康でない人」が多くなるとのことである。
また、子供時代に貧しい家庭で育った人は大人になってからの死亡率が高いとも。
低所得による受診機会の減少や食生活だけでない複雑な問題が絡んでいるとのことだ。

まさに「健康格差」である。 ・・・受験ブログへ

| 教育格差問題 | TOP↑

≫ EDIT

金メダリスト浅田真央そして高橋尚子の出身高は甲子園ベスト8

天才少女と言われていたフィギュアースケートの金メダリスト浅田真央の出身高校は中京大中京高校。実は安藤美姫も中京大中京高校出身である。(浅田真央のお姉さん浅田舞は東海学園高校)中京大中京高校では、ほかに多くのプロ野球選手やJリーグの選手たちがいる。

また、シドニーオリンピック女子マラソンの金メダリスト高橋尚子の出身高校は県岐商(県立岐阜商業高校)。元中日の高木守道選手をはじめ多くのプロ野球選手を輩出している。

何れの高校も近年は進学にも力を注いでいる高校だが、中部地区では元々スポーツで有名な高校であった。大学進学も「特待」や「指定校推薦」などと言った優遇された進学の道もある。 受験ブログへ

実は浅田真央ちゃん以外はいろいろと仕事をさせていただいた。特に浅田舞ちゃんの女優(?)時代には数回仕事をご一緒した。国際モードルオーディションORIBEの第2回グランプリに選ばれ一頃ホリプロに所属していたこともあったからであるが。

何れにせよ明日は第一試合と第二試合である。頑張れ県岐商!中京大中京! 受験ブログへ

| 高校情報 | TOP↑

≫ EDIT

31年ぶり準々決勝進出おめでとう!県岐商

県岐商(県立岐阜商業高校)がPL学園高校を6対3でくだし31年ぶりの甲子園準々決勝に進出する。このまま決勝まで進出し優勝することを願ってやまない。

母校でも、自らが在住している県代表の高校でもないが仕事上よくお邪魔する高校である。
先回も記したが県立岐阜商業高校は「文武両道」。単に言葉だけでなくスポーツにも進学にも力を注いでいる。生徒だけでなく教師達も早朝から夜遅くまで頑張っているのだ。公立高校であるのにもかかわらず。(どこかの組合の強い公立高校とは天と地の差である)

スポーツに力を入れているからこそ、精神面の鍛錬などから人間力を高める教育にも力を注いでいる。したがって就職に関しても引っ張りだこである。

一度、県岐商の門をくぐってみれば誰しもが納得するであろう。

校内で生徒達に会えば必ず向こうから挨拶してくる。校門から玄関までは公立高校では珍しく数メートルしかないがこの間に10数回挨拶された経験もあるほど。一頃は、スポーツの盛んな高校では当たり前であったが今では数少なくなってきている。と言うかほとんど見かけなくなった。それをいまだに実践している県立岐阜商業高校。頑張れ県岐商! 受験ブログへ

| 高校情報 | TOP↑

≫ EDIT

甲子園初戦勝ち抜いた中部勢・・・実は

甲子園初戦を勝ち抜いた中部勢・・・愛知県が中京大中京高校、三重県は三重高校
この2校は実は姉妹校である。いずれも私学の学校法人梅村学園である。今ではスポーツだけでなく進学にも力を注いでいる。先日、来年度から学生募集を停止した三重中京大学も姉妹大学になる。ただ三重高校も少しずつではあるが進学実績を挙げてきている。また、中京大学中京高校も同様である。中部地区では5流以下の高校であったが今では生き残りを掛けて進学にも力を注いでいる。
三重高校も中京大学中京高校も私学である。公立と違ってスポーツに力を注いでいるのは当たり前。甲子園に出場しても何の不思議もない。

しかし、県岐商(正式には岐阜県立岐阜商業高校)である。名前のとおり県立の高校である。
岐阜県は私立が育たない環境なのである。現実、私学に有名な高校がない。進学校と呼べる私学もない。大学進学するのであれば「県立」。スポーツするのであれば「県立」と昔からあまり代わりのない地域である。
驚いたのは、県岐商の野球部監督である。岐阜城北にいた藤田さんが今年の4月から就任しているではないか。凄い力である。プロ野球選手をはじめ有名なすポート選手を排出しているのもなんとなく分かる気がする。更に、近年は進学にも力を注いでいる。推薦で有名私大に進むものも多いのだが、実力で国立や有名私大に合格者を多数輩出しているのも事実だ。

| 大学・専門学校関連・・・・・・・ | TOP↑

≫ EDIT

低所得でも親の心掛け次第で学力向上!

御茶ノ水女子大教授の耳塚寛明さんらが分析した。
親の所得が高いと子供の成績は良いが、
「低所得でも親の心掛け次第で学力向上につながる」とのことだ。

経済格差が招く学力格差を緩和するカギになるのかもしれない。

親の心掛けている事に関して調査した結果。
高学力層の子供の親は、
「小さい頃から絵本の読み聞かせをした」
「博物館や美術館に連れて行く」
「ニュースや新聞記事について子供と話す」といった解答が多かったようだ。

このうち「絵本の読み聞かせ」「ニュースを話題にする」は、
親の所得に関係なく学力向上に一定の効果がみられたそうだ ・・・ 受験ブログへ

| 教育格差問題 | TOP↑

≫ EDIT

親の年収に学力が比例!

文部科学省の専門家会議が調査結果を発表した。
全国学力テストの公立小学校6年生の結果である。

年収が200万未満だと平均正答率より10ポイント低く、
年収1200万以上では8~10ポイント高いとの由。
「親の年収が進学率に影響」に続き教育格差が明確になってきている。

子供に掛ける教育費の差が「学力の差」「進学率の差」に繋がる。
なんともシックリこないが現実なのだ ・・・ 受験ブログへ

| 教育格差問題 | TOP↑

≫ EDIT

私大定員割れ・・・64大学が経営危機?

定員割れとなった私立大学は265校。46.5%であることを日本私立学校振興・共済事業団が発表した。
定員規模別が注視したいところであるが、やはり定員が1500人以上のところは充足率115%だが、定員800人未満の大学は100%を下回っているようである。
大規模な大学に学生が集中する傾向がある ・・・ 様々な情報

また、日本私立学校振興・共済事業団では「破錠危機の私大」も調べていた。全国の大学のうち64大学、34短大の98法人が経営困難となっていると言われていた。
もう既に淘汰された大学や短大がこの数字の中に含まれているのであろうがイエローやレッドゾーンの大学や短大の存在を把握しているのであれば公開していただきたいものでもある。
受験生や受験生の親の為にも・・・ 受験ブログへ

| 要注意大学 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。