2010<年%prev_month>月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

今だからこそ「やるべきこと」があるはず。

もう、打つ手がなくなったのであろうか。
ある私学経営者のご子息から相談を受けた。

「TVコマーシャルを出したいと思うんですが・・・いかがでしょうか?」
一番簡単に入学者を確保できる手段だと考えたのであろう。

私は下世話かもしれませんがと切り出した。「数十万円でもTVCMを出すことは可能ですけど・・・予算はどの程度ですか?」「特に考えておりませんが数千万は必要ですかね?」と逆に質問されたので、「他の方法をお考えになられた方が・・・」とアドバイスをさせてもらった。

いろいろと私の頭の中を駆け巡ったが、そこの年間の広報予算は1億にも満たない。
そこで、数千万円TVコマーシャルに投じたとしてもほとんど効果は上がらないと考えたからである。多少、認知度を高めることはできても来春の入学者に直接つながるとは思えない。

数千万円使うのであれば「教育や研究」、「人的資源の確保」、「設備・施設」など・・・まだまだ他に活用した方が価値があるように考えた。その学校法人に関してではあるが。

経営者側は童もつかむ思いなのであろう。確かにTVCMを活用するところもある。
中部地区では「学生が集まっていない大学」と「体力のある専門学校」だけが露出している。

問題は、あわせて教育や研究その他の方面の充実も図っているかどうかだ。単にTVCMを活用するだけなのであれば「溝にお金を捨てる」ことになりかねない。数千万程度を投入したTVCMなどはマスターベーションで認知度を高めることすらできない場合もある。

それよりも、その学校法人には早急に実施すべきことが ・・・ 各種情報
スポンサーサイト

| 広  報 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ要注意大学が公表(?)される。

文科省が大学を造り過ぎたことは今や周知の事実。しかし今度は事業仕訳をし始めた。実は前政権から行われていたことではあるが「要注意大学不要論」に拍車がかかったようだ。

日本私立学校・共済事業団は大学の定員割れ状況などに応じて経常費補助金をカットしてきた。補助金も国民の血税だからである。因みに平成21年度が997校中877校の私立大学等に約3,200億円の補助金が交付されている。実は学生数を公開すれば+1%、財政状況を公開すれば+1%補助金がアップされる仕組みなのだが ・・・ 関連情報

学生数すら公開しない大学が思いのほか多いからである。
実はこのような非公開大学が要注意大学であることはいうまでもない。

しかし、2011年4月から大学等の入学者数等の公開が義務付けられた。
公開が義務付けられたのは入学者数、在学者数、定員、卒業・修了者数のほか就職状況も公開しなくてはならない。更には教員数や教員の持つ学位や業績、年間の授業計画など9項目にわたる教育研究情報も含まれる。

これで「要注意大学」が高校側や受験生たちにも、ある程度は明らかになるわけだ。受験者は「定員割れ大学」や「就職状況の悪い大学」を避けて受験することができる。「残るべき大学」のみが存在する時代へのプロローグである ・・・ 受験ブログへ

| 偏差値以外の大学選び② | TOP↑

≫ EDIT

誰も教えてくれない「進学先の見極め方」

先日、講演を行った高等学校の保護者から問い合わせが入った。

大学のオープンキャンパスに子供と参加するが「チェック方法」を知りたいとのことであった。
基本は・・・「オープンキャンパスに参加した際のチェック点」

「大学のオープンキャンパス」や「専門学校の体験入学」に参加するだけで「満足」してしまう者が多いので注意が必要だ。入学して「こんなはずでなかった」といった事も起こりうる。「国公立大学」や「ブランド私大」と言われる大学でもあるようだが「それ以外の大学や専門学校」が問題である。関連

企画モノは、事前にプログラムされた環境への参加となる。当然、大学や専門学校側は「最適なプログラム」を提供する。勝負所でもある為、年々クオリティーも高まってきた。今や某国立大学でも「満足して帰っていただくこと」を目標としているため、生徒や保護者たちは「これでOK」としてしまう者も少なくない。本当に「OK」なのであろうか?しっかり大学の担当者に自分の疑問を確認することが重要である。

そこで誰に聞くのが良いのか? 一般的にはマニュアル化されているため質問の内容によっては誰に聞いても同じ回答が返ってくる。

大学や専門学校の「職員」の場合、在籍している大学や専門学校しか知らない者が多い。
入試や広報担当者も転職経験豊かな者が少ないためである。しかし、「教授」や「講師」の場合は様々な大学を見てきている場合が多く比較検討できる者もいる。比較すれば当然、その大学の「良い面」、「悪い面」が出てくるはずだ。当人は中々聞けない点だが父母であればこの辺りをしっかり聞くべきであろう。
誰も教えてくれない「進学先の見極め方」
①その大学や専門学校の教職員の子供達がどの程度入学した実績があるか?

 自分の息子や娘を進学させたくなる大学や専門学校が教育機関としては理想である。
 子供の有無や偏差値、希望分野の違いはあろうが大学全体でみれば
 ・・・面白い結果が出るはずである。
②親子2代・3代の入学実績がどの程度あるか?
 歴史があれば当然可能であり、評価の高い大学や専門学校に多い。
 親が学んで納得しているため子供や孫を進学させる訳である ・・・ 受験ブログへ

| 進学先のチェック方法② | TOP↑

≫ EDIT

これで就職率100%だって。数字のマジックですよ!

番組制作の為、電話による事前調査を始めた。。
まだ買い手市場で就職難であることは変わりない。
そんな中「就職率100%」を謳っている専門学校があった。
事前に様々な資料を取り寄せ調べていく中、疑問が湧いたため自らで電話を掛けることに。

就職担当者が不在とのことで他に就職に関して分かる方をお願いしたところ、
電話に出られた男性職員が答えるとのことであった。

「就職率100%」の指導方針やテクニックを伺おうとしたが、最初から警戒モード。
事前に取り寄せた「パンフレット」や「ホームページ」では「就職率100%」とか「ココ近年就職率100%を誇っおり」などと謳われていた。しかし我々が某所から取り寄せた資料によると  詳細

卒業者数53名就職希望者数32名就職者数32名進学者数1名
・・・これで就職率100%だそうだ。正確に言うと「就職希望者は就職率100%」である。
残り20名はどうなったのだ? 1人は進学だそうだが半数近い19名がどこかに消えている。

20名は就職を希望しなかったというのであれば「専門学校」とは言えない。

専門学校は単に技術や資格を取得させるのではなく「就職」させる為の学校である。
当初は皆、就職を夢見て入学してきたはず。それを2年間の教育で「学生たちのベクトル」を変えてしまったのだ。

就職したとされる32名に関しても疑ってしまう。一般的に卒業生数100名~1000名以上の大学でも「○○年度就職先一覧」を掲載している。しかし、この学校の就職者は僅か32名しかいないのに「当年度の就職先」が明らかにされていないのだ。

担当の職員のいい加減な対応に腹立たしさを覚えながらも「学校までお伺いしますよ」
と言ったのにも拘らず、「アポが入っているので」と電話を切られた。サービス業界へ就職させる学校なのにも関わらず・・・職員がこんなレベルだから仕方ないのかも・・・ 受験ブログへ

| 要注意専門学校 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページのページランクで塾から大学まで・・・見えてきます。

ホームページのページランクで見えてきませんか?
ページランク (PageRank) とは、ウェブページの重要度を決定するためのアルゴリズムであり、検索エンジンのグーグルにおいて、検索語に対する適切な結果を得るために用いられている中心的な技術・・・
グーグル社が配布しているGoogle ツールバーを用いれば、このアルゴリズムによる各ページの評価点を0~10の11段階で表示することができる。       ウィキペディア
 WEBページが充実していることが条件となるが優良サイトからのリンク数やページビュー数等が重要であるともいわれている。各大学の教授や学者がページランクを研究しているようであるが、総じて「点数の高い企業」はそれなりに企業体力も高いようである。

大学は大半が「ページランク6」以上。コンピュータ分野を設置する大手専門学校・日本工学院専門学校も調べてみたが「ページランク6」となっていた。コンピュータ系の学部・学科を設けている大学であれば「ページランク6」は欲しいところである ・・・ 関連情報

<企業等>
ページランク8・・・グーグル、ヤッフー、三菱東京UFJ銀行、外務省、総務省
ページランク7・・・楽天、シャープ、東芝、ソニー、パナソニック、資生堂、三井住友銀行、日銀
ページランク6・・・三菱電機、トヨタ自動車、ソフトバンク、味の素、民主党、自民党

<大学>
ページランク9・・・慶應義塾大学、ケンブリッジ大学オックスフォード大学エール大学
ページランク8・・・東京大学、東京工業大学、名古屋大学、早稲田大学、ハーバード大学
ページランク7・・・京都大学、日本大学、同志社大学、南山大学
ページランク6・・・明治大学、法政大学、立教大学、立命館大学、関西大学、名城大学、
          愛知大学、愛知学院大学、名古屋商科大学、中部大学、金沢工業大学

<専門学校>
ページランク6・・・日本工学院専門学校

<塾・予備校>
ページランク6・・・日能研
ページランク5・・・サビックス/四谷大塚/河合塾/栄光ゼミナール/京進
ページランク4・・・早稲田アカデミー/浜学園/佐鳴予備校/名進研 ・・・受験ブログへ

*上記以外の大学や予備校はこちらで調べることができます>> ページランクチェッカー 
また、ページランクは年に数回チェックされるようで変動があります。

| 偏差値以外の大学選び③ | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。