2010<年%prev_month>月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

文部科学省の検討している「新卒教員免許」は・・・。

にほんブログ村 受験ブログへ

11月30日に中教審に提出される「新卒教員免許」。確かに評価できる点も多い。

教職課程を履修していない学生や社会人も教職大学院修了で正規教員になれる。
また小・中教員免許を「義務教育免許」。中・高教員免許を「中等教育免許」とする。
などは以前から一部教育界でも必要だと言われていたことである。

ただ、今後大卒者に与えられる「基礎免許」では担任には就けず校務や授業の補助。
教職員大学院や教育学研究科修士課程を履修した者のみが担任に就けるというものである。
要は新人教員になるためには「もっと専門的な知識を身につけなさい」といったものだ。

どうも路線が違うような気がしてならない。
現代の教員に足らないのは、「専門的な知識」であろうか?

数年前に地方都市の進路指導協議会で講演をさせていただいた。事前の打ち合わせで会長校の校長さんが「私たち教員は社会性がないと思っている。知らないことが多い。内容は何でも構いませんので私たちの知らないことを教えていただけるような内容で・・・」と仰られていたことを思い出した。

いわゆる今の教員に足らないのは単に「専門知識」ではないはずだ。中には挨拶の仕方から礼儀作法も知らない先生がいるのも仕方ない。若い頃から「先生」と呼ばれ、担任であれば一つのクラスの「経営を考えなくてよい店主」。管理職に付けば別だが多くは一生教員しか経験しない訳だ。90分の講演は刺激にはなろうが「社会性」が身に付くとも思えない。

大学卒業後は大学院ではなく「就職」や「インターンシップ」ではないのだろうか?
せめて数年でも社会経験を積めば現在の専門知識が更に有効に活用できるだけでなく「お客様」の立場になって物事を考えることができるようなると思うのだが ・・・ ブログランキング
スポンサーサイト

| 教員の資質 | TOP↑

≫ EDIT

「いじめ」問題を学校に託すべきなのであろうか?

にほんブログ村 受験ブログへ

連日のように報道されている「いじめ」問題。いつの時代になってもなくなることはないのであろうか?とても嘆かわしい。

私たちの時代の「いじめ」とはどうも違う気がする。本質的には変わりないのであろうが自殺まで追い込むのは「いじめている当人」に意識がないからなのかもしれない。意識していじめているのであれば「初等・中等での道徳教育」「家庭教育」に問題があると思っている。

「いじめ」に関しては今では政府をはじめ様々なボランティア団体やNPO団体が阻止に向けてに取り組んでいる。前々から私にも応援できないかと思っており本日パネラーとして初めて参加させていただいた。

主催団体の理事長、精神科医、カウンセラー、弁護士の皆さんの中で小さくなっていたが・・・
様々な意見が投げかけられ「いじめる生徒」「いじめられる生徒」「学校側の取り組み」それぞれの問題提議がされたが中心は「学校対策」であったことには驚きを隠せなかった。要は学校側の取り組みが一番悪いというのだ。

「いじめる生徒」や「いじめられる生徒」のことはスタート時点のみで「学校側の取り組みが良くない」といった最初から結論があったような気がしてならない。どうもメディアに翻弄されているよう痛感した。

文部科学省の数字によると「いじめ」による自殺者は数名だとか0名だと言われている。しかし、あるNPO法人の理事長さん曰く現実には年間800名いると仰っていた。その多くは「学校側の責任」「教員の責任」と決めつけていたのにはなんとなく情けなくも感じた。

確かに学校側にも問題があることは理解できなくもない。しかし、学校に全ての責任を負わせることもどうなんだろうか?現実的には学校側で責任を取っている例は少なく有耶無耶になっている例も多い。だから「学校の教員をもっとしっかりさせよ!」「担任レベルではダメだから校長に言え」「校長よりも教育委員会だ」なかには「面談の内容を録音しなさい」といった弁護士さんまで。

トライアングルコミュニケーションが崩壊した現代では「自分の子どもは自分で教育する」「自分の子どもは自分で守る」ことが重要になってきたように強く感じた  ・・・ ブログランキング

| いじめ問題 | TOP↑

≫ EDIT

本当に「筆順」は必要ないのであろうか?

にほんブログ村 受験ブログへ

私も自慢できないが「字の汚い」教員が増えてきたように感じる。
板書きされた「汚い文字」をノートに書き写す生徒たちも大変だ。

こんなことを昨晩、私立中学の教員と話していた。
突然一人の教員が「すいません。私も汚いんです」と言った途端「私もです」と・・・。
テーブルにあったティッシュに書かせたら本当にお粗末だ。

「でも、学校ではできる限り丁寧に書いていますよ」と言い訳を・・・。
酒席であったため「まあいいや」と言いかけた瞬間である。

「筆順が違う」と隣に座っていた教員が指摘。もう一度書き直させたら確かに違う。

どうも初等教育機関では重視していないようだ。学問的見地からすれば「筆順」はどうでもよいことであり文科省も「筆順はひとつではない」といった意見を聞いたことがある。
ただ、字が汚いのは「筆順」が関与しているとも考えられるのだが ・・・ 受験ブログ

| 中学情報 | TOP↑

≫ EDIT

大学選びの参考資料を入手。公開します。

にほんブログ村 受験ブログへ

AO入試は大学においても一般的になってきている。日本においては1990年慶應義塾大学が導入し徐々に各大学にも広がってきていた。選考は面接重視で慶應義塾大学や早稲田大学では一般入試で入学した者よりも学業成績が良いと言われている。ただ早いうちから学生を確保するための「青田買い」の手段として導入している大学・短大・専門学校が存在していることも事実である。

数年前に新聞の広告で見かけたが3月27日にAO入試を実施する何とも情けない大学があった。単に学生数確保のための手段としか考えられない。確かに今でも定員割れがつづく危ない大学の一つとして中等教育界では有名な大学である。

11月は一般入試最前線と思いきや、まだAO入試を実施する大学があるようだ。確かに書類選考や面接のみで合格となれば受験生には都合もよいが、果たして高等教育機関として本当に良いのであろうか?

見方を変えればこの時期にAO入試は行う大学は「定員が満たせない大学」人気のない大学とも考えられる。先程お邪魔した高校で進路指導教員用に進学情報会社から提供され資料を入手。全国の高校進路教員に配信された資料のようだ。確かにほとんどが昨年まで定員割れの大学ばかりである。 きっと大学選びの参考になるに違いない ・・・ 受験情報

≫ 続きを読む

| 要注意大学 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタ自動車が設立すると「教育機関」も一味違う・・・。

にほんブログ村 受験ブログへ

トヨタ自動車が設立した教育機関は何れも素晴らしい実績を遂げてる。

専門学校のトヨタ名古屋自動車大学校などは大学や短大、専門学校が定員割れを起こしている中、今でも定員を満たしている。国家試験の合格率も例年ほぼ100%を維持し続けているだけでなくこの就職難の時代にも就職率100%。トヨタ関連企業へ97%とのことである。

更に先日お邪魔した豊田工業大学だ。男子学生は1年時全寮制。学費は国立大学並み。トヨタ自動車の寄付金により運営されていることもあり研究・教育環境は全国でもトップレベルである。単科大学であるのにもかかわらず東洋経済やサンデー毎日などの大学ランキングでは常に上位である。就職に関しても設立以来希望者が全員就職している。ただ、社会人入試を除けば定員50名は狭き門であることはいうまでもない。

日本初のボーディングスクールとして2006年4月に設立された海陽中等教育学校。トヨタ自動車、JR東海、中部電力などの出資による。今後が楽しみな学校である ・・・ 受験関連

| 一貫教育校 | TOP↑

≫ EDIT

中高一貫で3/5、中学、高校で各3/10の確率で体験できる(?)

にほんブログ村 受験ブログへ

昨日、稲沢東高校の創立40周年記念式典にお邪魔した。
あの凛とした空気は社会に出てからもそう滅多に経験できるものでもない。

生徒が主体となり教職員、PTA、同窓会がサポートするようなカタチであった。当日の準備までに相当時間を掛けたのであろう場内には生徒たちの作品が所狭しと展示されていた。会場準備も生徒たちが中心。リハでは挨拶の仕方から椅子の掛け方、立ち居振る舞い、声の出し方に至るまできめ細かな指導が繰り返し行われていた。嫌な顔一つせず真剣な眼差しの生徒たちが印象深かった。お辞儀一つとっても「私たちでもなかなかできないな」と思えたほどだ。

当日も来賓の受付・誘導・呈茶に至るまで生徒たちが中心である。笑顔と元気な挨拶は朝の寒さも忘れさせてくれた。更に司会から裏方まで生徒たちが活躍している。主役は生徒たちであることは間違いない。

この式典を通じて生徒たちが得たものは多いはず。協調性をはじめとして責任感、思考力、判断力、礼儀作法、勤労の精神など様々なことを肌で感じ取れたのではないであろうか。

ただ、周年式典は10年ごとに行われる学校が多い。したがって、その年に在籍している生徒たちは経験できる。数字上、中高一貫であれば6年在籍。中学・高校であれば各3年在籍することになる。3/5と3/10の確率で体験できる生徒たちがいる訳だが  ・・・ 受験情報

| 中学情報 | TOP↑

≫ EDIT

現在の中学一年生からセンター試験が変わる(?)

にほんブログ村 受験ブログへ

事業仕訳でも取り上げられた「独立行政法人大学入試センター」が実施する“センター試験”
難易度別の2種類にすることを検討しているようだが大学が仕分けされるのかも(?) 
2016年1月からの実施、現在の中学一年生からを目標としている。

「国公立大学志願者向け」と「私立大学志願者向け」の基礎科目型の2タイプ。ただ、大学側が2つの内どちらかを選べるシステムにする為、私立大学でも「国公立志願者向け」を取り入れることができるようだ。大学側は自らでAランクかBランクかを見極めることになる。

センター試験が導入されて21年。今では約52万人が受験するまでになった。ただ、近年では受験生の学力格差が広がり難関と言われる大学では差がつかないものの、学力が低いものにとっては難しいと言われていた。また、普通科高校の卒業単位に占める必修科目の比率が減り、共通の科目を学ぶ受験生が減少した為とも言われているが(?)
他にも理由がありそうで仕方がない ・・・ 受験情報

| 偏差値以外の大学選び① | TOP↑

≫ EDIT

子どもの進路意識に影響する「キャリア教育度」

にほんブログ村 受験ブログへ

今ではよく耳にする「キャリア教育度」。

学校でもそうであるが、家庭での「キャリア教育度」が子どもの進路意識に影響を及ぼすといわれている。 PTA連合会が「家庭内キャリア教育度」を測っている。学力の向上も必要だがキャリア教育度が低いと子どもが進路を選択する際に不安になるようだ ・・・ 各種情報

生徒に対しての意識調査の中の質問だが保護者として日頃から心掛けるべきことである。

家庭でのことについてあなたが子供の頃から感じてきたことをお聞きします。
1.家庭に自分の本音を話してきたと思う
2.保護者に厳しくしつけられてきたと思う
3.保護者によくほめられてきたと思う
4.保護者に「あなたの将来は明るい」と言われてきた
5.保護者に「夢や目標を持つことは大切だ」と言われてきた
6.保護者に「自分で選択し、それに責任を持つ」ように言われてきた
7.保護者からのすすめで、「自分で選択し、それに責任を持つ」ような体験をしてきた

<とてもそう思う>・・・4点  <少しそう思う>・・・3点 
<あまりそう思わない>・・・2点 <まったくそう思わない>・・・1点

≫ 続きを読む

| 教育関連情報 | TOP↑

≫ EDIT

「チラシ中学・高校」を受験する場合は、よく研究する必要あり。

にほんブログ村 受験ブログへ

「チラシ」いわゆる新聞の折り込み広告である。
地域のスーパー、パチンコ、百貨店、自動車販売、電化店、求人情報、塾などのチラシが多い。地域を限定して新聞より値打ちに詳しい情報を提供できる媒体であろう。しかし広告と言えども新聞に掲出する場合、新聞社の規定・規約があるが「チラシ」はほとんどクライアントの意向が通用する。

「チラシ中学・高校」とは、新聞折り込み広告を活用する私立中学や高校のことである。多くはその地域で上位校でない事は確かであろう。

塾の募集も地域限定のためチラシを活用することが多い。しかし、中学校・高校ではほとんどチラシを活用しない。「街の商店」と同一レベルに見られがちであることも要因だが、一番の理由は「塾」等での情報が充実してきたためだ。「しっかりした教育・実績」を挙げている学校は「募集媒体」に費用を掛ける必要がなく塾やクチコミだけで十分とも言える。

それでは、なぜ? 「チラシ中学・高校」が存在するのであろうか?
まずは、読者側に上記に関しての知識がないと思いこんでいる学校が多い。次に学校広報に精通した広報担当者が学校側に存在しないことである。「受験者を増やしたい」といったことから安易なチラシ媒体を活用する。受験者数が増えたとしても「希望する児童・生徒」が増えない場合がほとんどのようだ。

中部地区にこんな「チラシ中学・高校」があった ・・・ 受験ブログへ
大学合格実績は地元の公立高校よりも相当落ちる。チラシには国公立大学や有名大学の一部しか列挙されていない。また、現役合格比率を挙げているものの一部のコースのみ。

更に不思議なのは卒業生数と入学定員数に100名以上の違いがある。退学者が何人いたのであろうか? また、偶然であるが在職教員の一人を知っている。専門学校の教員であったが不適応教員として退職している。驚くなかれ現在はこの「チラシ中・高校」の教員なのだ。

一般的には見かけの良いデザインで作成されたチラシであるが、チラシは所詮「チラシ」。
「クライアントの一方的な意向が通用する媒体」であり参考程度はよかろうが ・・・ 受験ブログへ

| 中学情報 | TOP↑

≫ EDIT

無料でご招待します「さくら咲く」・・・嘉門達夫ライブ!

いよいよ開催します。替え歌の帝王「嘉門達夫」の無料ライブ!
受験生にとっては最高の言葉「さくら咲く」!・・・ 受験ブログへ
嘉門達夫氏の“合格を祈念した”歌のシャワーを浴びれば「合格」も勝ち取れるかも(?)
お時間があれば皆さまお誘い合わせのうえお越しください^^

「嘉門達夫ライブ」+「アボガドライブ」
20101101063920.jpg6f5b30e8d6[1]
●日 時  11月10日(水) 受付11:00~/11:20~12:30
●会 場  愛知県・稲沢市民会館(大ホール)無料駐車場有 地図
●入場料  無料(予約不要)1,300名まで席があります。
●出 演  嘉門達夫アボガド     
●司 会  児玉佳奈 ph_2007_kodama[1] FMラジオ局パーソナリティー
*当日の模様は後日、FMラジオでもOAします。
*県立稲沢東高等学校の40周年記念行事の一環ですが、どなたでも来場できます。

| 管理者プロフィール | TOP↑

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。