2011<年%prev_month>月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

「奨学基金」は必要不可欠だと思うのですが・・・寄付をやめました。

今朝方プレスリリースが届いた。

「公益信託アフラックがん遺児奨学基金」がんで家庭の主たる生計維持者を亡くし、経済的理由から修学の機会が狭められている高校生のための奨学金制度のようだ。 詳細 月額2万5千円(年額30万円)の奨学金は高校卒業まで給付され、返還は不要。保険契約の有無にかかわらず、全国からご応募でき他の奨学金制度との併用も可能というのが大変ありがたい。

今では子供たちに対して様々な奨学基金がある。
良く耳にするのは「ユニセフ」であったり「あしなが育英会」だ。

トットちゃんの黒柳徹子さんが力を注いでいたのが「ユニセフ」である。10年以上前になるだろうか、彼女の話に賛同して「日本ユニセフ協会」に僅かであるが寄付を続けていた。しかし、数年前から家庭の事情もあったが「寄付」を全てストップした。

当時から様々な疑惑が上がっていたことも確かである。
正式には「ユニセフ」と「日本ユニセフ協会」が違うと知るだけでなく、後者は建物づくりに必死であったからでもある。因みに黒柳さんは「ユニセフ」の親善大使で、アグネスは「日本ユニセフ協会」の親善大使。

混同しても仕方なかろう。実は全く違う組織である。因みに日本でお金を掛けてCMを露出しているのは「日本ユニセフ協会」とやらである。評議員のNO1にゼネコンの顧問の名前が記されているのも納得か 役員名簿

まあ、これ以上のことはこちらを ⇒ ユニセフ関連ブログその1その2その3

実は「あしなが育英会」に関しても同様である。 あしなが育英会

うっすらした記憶では法規上で確か20%までだったか「経費」として認められていたように思う。しかし、何億も掛けて土地を購入したり、ハコを造ったり、人件費として高額な報酬を出すのであればボランティアとして支援してきた我々の考えとはどうも違うのだが・・・応援クリック 
スポンサーサイト

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

名城大学ボランティア・・・東日本大震災へタオル3万枚(続編)

今日は、本当にうれしい一日だ!

「仕事が順調って訳でもない」「宝くじに当たった訳でもない」 ましてや
「女房に褒められた訳でもない」

「3万枚の奇跡~被災地に届け私たちの思い<詳細>」と称して名城大学ボランティア協議会の学生達が集めていた「タオル」。5月末で4,524枚・・・何とかならないものかとの思いで、
先日ブログに記したところ、様々なところから問い合わせを頂いた。

特筆すべきは「日本に留学経験のある韓国人経営者」と「愛知県理容組合津島支部」の方々である。「感謝の念」が言葉にもできない自分が本当に情けない。

実は、前者に関しては運送費の関係もあり、お気持ちだけを頂いた。
後者に関してもお伺いするつもりであったが、名城大学まで届けていただけるとのこと。しかも段ボール箱で10箱もである。更にはブログにまでアップして頂いている。 本当に感謝!

「できること」を「できる範囲で」 私利私欲関係なしで日本国民だけでなく外国人まで行っているのに。今の「政府」には届かないものだろうか? 応援クリック 

― 名城大学ボランティア協議会 HP ―

| 大学・専門学校関連・・・・・・・ | TOP↑

≫ EDIT

3万枚のタオル(?)・・・頑張れ! 応援します。

東日本大震災に伴う全国の大学のボランティア活動は活発だ。

先日、お邪魔した東海地区最大の名城大学でも本日(6月2日)から30名ほどの学生が
気仙沼市に向かうそうだ。

また、気仙沼市役所に勤めるOBから名城大学に要請があり、3万枚のタオルを募集している。被災した家屋の清掃活動に使用するそうだが目標の30,000枚には達していない。

募金程度しかできない私だが帰宅後、古タオルを段ボールに詰め送り届けたが5月末日で4,524枚。3万枚には程遠い。提供いただけるタオルがあれば名城大学ボランティア協議会で受け付ける由。大きさは問わず。古いタオルでも可。但し送料は自己負担。 <詳細> 
応援クリック 

| 大学・専門学校関連・・・・・・・ | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。