≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

在学生に大きく影響する私学経営。甲子園優勝の中京大中京は?

甲子園決勝戦「中京大中京高校」が優勝した。本当におめでとう。
43年ぶり、7度目の優勝である。
久しぶりに高校野球の「愛知県」がクローズアップされたわけだ。

中京大学中京高校は、元々は「スポーツする者」が進む高校で「学力的なものは問われない高校」であった。しかし私学である。公立の強い愛知県では進学率の高い高校でないと生き残っていけない。県内で数校が潰れるといわれている。相当前から、某高校を擁する法人が売りに出ていたほどである。近隣県の三重県や岐阜県も同様である。公立にない特色を出す。国公立・有名私大に何人合格させたかが私立高校の評価となる。仕方ないのかもしれない。

この中京大学中京高校においても同様である。
1995年には普通科のみとして定員も削減。倍率も上がるわけだ。1998年ごろには男女共学とする。中京大学も含め学園全体でリエンジニアリングを進め。生き残りを掛けた改革は中部地区の中では成功と捉える教育関係者も多数いる。

ただ、大学も高校も実績がまだまだ少ない。スポーツオンリーの時代が長かったから仕方ないであろう。40代過ぎの方に対して中京大学や中京高校の現在の偏差値などを話すと皆さん驚かれるのも学園側の努力である。ただ、大学の就職実績や高校の進学実績はまだまだだが、あと10年もすればきっと素晴らしい実績を挙げると考える。教員や教授陣も素晴らしい方々を集められているからである。学園の経営状況が良好な証でもあるが・・・。

いずれにせよ、来春の中京大中京高校の受験生は増加する。甲子園優勝が引き金になって更なる飛躍を期待したい! 受験ブログへ


| 高校情報 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。