≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

受験先を偏差値で選ぶ時代ではない!

受験先をどのようにして選ぶか?
小学校、中学校、高校、大学によっても違ってくるが基本的には小学校や中学校は親が決定。
高校になると半々(地域によっても違うようだ)そして、大学になると今や9割方は当人の希望である。(高校の偏差値の違いで大きな違いがでている)

では、小学校や中学校を選ぶ親は何を基準にしているのであろうか?その学校の偏差値であったりブランド力の傾向が強いようである。実は中学校の選択も高校の選択もその後の「進学先」が重要なポイントになる。要は中高一貫であろうが高校であろうが、そこを卒業して「どこの大学」に進学できるかが大切なわけだ。

因みに中部地区の場合、男子であれば東海中学や滝中学を目指す。医者の子息であればまずは目指す。東海高校などは昨年「国公立大医学部合格者数」が全国で1位になっていた。因みに滝高校は18位、南山高校が23位と中部地区の高校では東海高校以下は相当離れている。そんなこんなで、私の知人は子息を愛媛県の愛光高校まで進学させた者も数名いる。

実は、大学選択もそうである。生き残りの施策が成功して偏差値を上げた大学もある。中部地区で有名なのが中京大学だ。就職にも力を入れだしたものの未だに南山大学の足元にも及ばない。しかし、学部によっては南山大学よりも偏差値が高い学科があることも確かなのだ。

要は偏差値で大学を選ぶ時代ではない。特に就職率が悪い時代は・・・ 受験ブログへ

| 偏差値以外の大学選び① | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。