≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

「中学選択」は、「大学選び」「就職選び」「将来選び」?

1259644111.gif

「中学選択」は基本的には、一貫校で高校から「どこの大学」にどれだけ進学できるかが重要になってくる。実は、最終は「大学」ではなく「就職」など将来のことを考え、子息、令嬢に無理なく「安心した生活」を与えたいから。「可能性」を広げたいからだと思う。

「学歴の社会」から「実力の社会」「資格の社会」などと言われたのは20・30年前。
しかし、底辺には「学歴の社会」があり、就職に関しても「母校への念」は強い。一部の企業は、「実力であり大学名ではない」というものの、採用担当者の多くは大学名を重要視している。

資格に関してもそうである。
資格の社会であったとしても、例えば「公務員のキャリア」として活躍するにはやはり東京大学がダントツである。昨年も421名が国家公務員1種に合格している。次いで京都大学が189名で2位。早稲田や慶応義塾も追従するが96名、60名と大きく開きが出る。キャリア官僚になるには東大、京大の可能性が高いわけだ。

例えば医者であればどうであろうか。毎年、防衛医科大学や自治医科大学の合格率が高い。因みに昨年は防衛医科大学が医師国家試験に100%の合格率。自治医科大学で98.9%と合格率に関しては東京大学や慶応義塾よりも高いのである。

因みに薬剤師国家試験では昨年初めて卒業生を出した愛知学院大学が合格率全国でトップの92.2%。慶応義塾の83.5%を大きく引き離している。
しかし、入学する為には ・・・ 受験ブログへ  

| 中学・高校関連・・・・・・・・・・・ | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。