≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

教育学者曰く「伸びる子」は・・・その2

先生曰く・・・「子供は誰でもが伸びる」「誰でもが、成績は上がる」
ただ、残念なことにその時期が「早い子」と「遅い子」がいることだ。

幼少期では、ちょっとしたきっかけで勉強が楽しくなりエンジンがかかったりする場合が多い。
したがって幼少期は大切な時期でもある。

大半が環境だともいわれているが、「家庭」「地域」「学校」のトライアングルコミュニケーションが崩壊してしまった現代では、「家庭環境」が重要度を増している。 要は、子供を伸ばすのは父母の環境造りが重要なのである。

一般的には、「素直」で「集中力・持続力・聞く力」が備わっていて「生活習慣」が整っている子供は早いうちから「伸びる」といわれている。自然と身につける子供も中にはいるが、親御さんと子供たちとのコミュニケーションによって備わる場合が多いようだ。子供とコミュニケーションがしっかりとれていれば、その子の「適性」や「能力」などを早期から把握することができる。

更には「生活習慣」から「躾」など、子供たちの「正すべき点」「褒めるべき点」も
客観的に見えてくるとのこと・・・ 関連情報

| 伸びる子 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。