≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

定員割れしている学校は?

にほんブログ村 受験ブログへ

もう既に、大学全入時代である。
計算上、選ばなければ「どこかの大学」に入学することができる訳だ。

大学でいえば、上位(受験者が集まる大学としての順位)の大学100校に
受験者が集中しており、これらの大学は倍率があり、不合格者も出る。

しかし、それ以外の大学に関しては・・・・倍率を出している大学はともかく
倍率を公表できない大学まで存在している ・・・ 様々な情報

要は、受験すれば大半のものが合格しているわけだ。
しかも、定員が集まらない大学が5割前後あるといわれている。
現実にそうであろうが・・・

文部科学省からの助成金も当然カットされる。
更に定員が集まらなければ、大学側の収入も減少する。
ダブルパンチである。

このような現状で・・・健全経営ができるところは余程の資産がある大学であろう。
中学校や高等学校などを併設していて、こちらでの収入が多いとか、
関連会社を経営していて好調な経営であるとか。

いずれにせよ、「歴史のない法人」では難しいことは明白である。

専門学校に関しても同様である、大学以上に厳しいはずだ。
定員割れをしていない専門学校を探すことの方が大変である。
5年後には相当数の専門学校が廃校となろう。
既に相当数が毎年のように廃校に追い込まれている。

定員割れしていても・・・
数百名の在学生を確保している専門学校はまだ良いであろうが、
問題は100名未満なり1学年50名程度の専門学校は余程の改革をしない限り
姿を消すであろう。

よく見かけるパンフレットのコピーで
「少人数教育」をうたっている専門学校があるが、
在学生が数百名いて「少人数教育」ならまだ良い。
1学年100人未満の学校で「少人数教育」ってのは・・・
単に学生が集まらない専門学校であると考えた方が懸命であろう。

数百名の在学生を持つ専門学校の方が
学生1人あたりの教員数が多い場合が間々あることは頭に入れておいて欲しい。
在学生の多い専門学校のほうが当然、経営体力も強いのでは ・・・ 受験ブログへ

| 進学先のチェック方法① | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。