≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

あまり知られていない「大学」と「専門学校」の大きな違い

高校中退は10年以上前から問題視されていた。しかし今では、高校中退者向けに「高卒認定試験(旧大検)」のほか「広域通信制単位制高校」「サポート校」などが多数設立され、中退者たちの進路を閉ざすこともなくなった。

今朝の中日新聞の「発言」に目がとまった。18歳の専門学校生の投稿記事である。
この4月からブライダル関係の資格取得を目指し専門学校に通学している。しかし、自らが思ったイメージと大きな差があったようだ。
・・・最後に「今は学校を続ける自信が持てない」と締めくくってあった。

私にも大学に通う愚息がいる。高校までと違い学費も馬鹿にならない。親心としては無事(?)卒業を願うものである・・・。

新聞の投稿だけでは詳しい事情は分からない。ただ、高校は中退しても単位を生かすことができるし、前述のような途がある。大学も同様だ。一定の単位を取得していれば中退後、2・3年時に編入することも可能である。更に大学は中退しても「大学中退」といった履歴で就職の際、ある程度の評価対象ともなる。

しかし、専門学校の場合、中退すれば社会的評価は「落ちこぼれ」。また、中退では編入学すらできない。卒業して「専門士」の称号が与えられ、大学等への編入学も可能となる。ましてやブライダル関係には主だった「国家資格」がない。受け入れ企業が最初にチェックするのが「専門学校卒業」の二文字となると思うのだが  ・・・ 各種情報

注) なお、専門学校だと思っていても無認可校の場合がある。 >>専門学校の調べ方

| 進学先のチェック方法② | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。