≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

これで就職率100%だって。数字のマジックですよ!

番組制作の為、電話による事前調査を始めた。。
まだ買い手市場で就職難であることは変わりない。
そんな中「就職率100%」を謳っている専門学校があった。
事前に様々な資料を取り寄せ調べていく中、疑問が湧いたため自らで電話を掛けることに。

就職担当者が不在とのことで他に就職に関して分かる方をお願いしたところ、
電話に出られた男性職員が答えるとのことであった。

「就職率100%」の指導方針やテクニックを伺おうとしたが、最初から警戒モード。
事前に取り寄せた「パンフレット」や「ホームページ」では「就職率100%」とか「ココ近年就職率100%を誇っおり」などと謳われていた。しかし我々が某所から取り寄せた資料によると  詳細

卒業者数53名就職希望者数32名就職者数32名進学者数1名
・・・これで就職率100%だそうだ。正確に言うと「就職希望者は就職率100%」である。
残り20名はどうなったのだ? 1人は進学だそうだが半数近い19名がどこかに消えている。

20名は就職を希望しなかったというのであれば「専門学校」とは言えない。

専門学校は単に技術や資格を取得させるのではなく「就職」させる為の学校である。
当初は皆、就職を夢見て入学してきたはず。それを2年間の教育で「学生たちのベクトル」を変えてしまったのだ。

就職したとされる32名に関しても疑ってしまう。一般的に卒業生数100名~1000名以上の大学でも「○○年度就職先一覧」を掲載している。しかし、この学校の就職者は僅か32名しかいないのに「当年度の就職先」が明らかにされていないのだ。

担当の職員のいい加減な対応に腹立たしさを覚えながらも「学校までお伺いしますよ」
と言ったのにも拘らず、「アポが入っているので」と電話を切られた。サービス業界へ就職させる学校なのにも関わらず・・・職員がこんなレベルだから仕方ないのかも・・・ 受験ブログへ

| 要注意専門学校 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。