≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ要注意大学が公表(?)される。

文科省が大学を造り過ぎたことは今や周知の事実。しかし今度は事業仕訳をし始めた。実は前政権から行われていたことではあるが「要注意大学不要論」に拍車がかかったようだ。

日本私立学校・共済事業団は大学の定員割れ状況などに応じて経常費補助金をカットしてきた。補助金も国民の血税だからである。因みに平成21年度が997校中877校の私立大学等に約3,200億円の補助金が交付されている。実は学生数を公開すれば+1%、財政状況を公開すれば+1%補助金がアップされる仕組みなのだが ・・・ 関連情報

学生数すら公開しない大学が思いのほか多いからである。
実はこのような非公開大学が要注意大学であることはいうまでもない。

しかし、2011年4月から大学等の入学者数等の公開が義務付けられた。
公開が義務付けられたのは入学者数、在学者数、定員、卒業・修了者数のほか就職状況も公開しなくてはならない。更には教員数や教員の持つ学位や業績、年間の授業計画など9項目にわたる教育研究情報も含まれる。

これで「要注意大学」が高校側や受験生たちにも、ある程度は明らかになるわけだ。受験者は「定員割れ大学」や「就職状況の悪い大学」を避けて受験することができる。「残るべき大学」のみが存在する時代へのプロローグである ・・・ 受験ブログへ

| 偏差値以外の大学選び② | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。