≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

今だからこそ「やるべきこと」があるはず。

もう、打つ手がなくなったのであろうか。
ある私学経営者のご子息から相談を受けた。

「TVコマーシャルを出したいと思うんですが・・・いかがでしょうか?」
一番簡単に入学者を確保できる手段だと考えたのであろう。

私は下世話かもしれませんがと切り出した。「数十万円でもTVCMを出すことは可能ですけど・・・予算はどの程度ですか?」「特に考えておりませんが数千万は必要ですかね?」と逆に質問されたので、「他の方法をお考えになられた方が・・・」とアドバイスをさせてもらった。

いろいろと私の頭の中を駆け巡ったが、そこの年間の広報予算は1億にも満たない。
そこで、数千万円TVコマーシャルに投じたとしてもほとんど効果は上がらないと考えたからである。多少、認知度を高めることはできても来春の入学者に直接つながるとは思えない。

数千万円使うのであれば「教育や研究」、「人的資源の確保」、「設備・施設」など・・・まだまだ他に活用した方が価値があるように考えた。その学校法人に関してではあるが。

経営者側は童もつかむ思いなのであろう。確かにTVCMを活用するところもある。
中部地区では「学生が集まっていない大学」と「体力のある専門学校」だけが露出している。

問題は、あわせて教育や研究その他の方面の充実も図っているかどうかだ。単にTVCMを活用するだけなのであれば「溝にお金を捨てる」ことになりかねない。数千万程度を投入したTVCMなどはマスターベーションで認知度を高めることすらできない場合もある。

それよりも、その学校法人には早急に実施すべきことが ・・・ 各種情報

| 広  報 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。