≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

経常費補助金

国立法人も私学も皆様の税金から「経常費補助金」が振り分けられています。
基本的には、私学はこの「経常費補助金」に頼っていては経営が成り立たないのが現状で、
やはり、学生からの学費収入が「経営の柱」となります。

大学によっては100億円前後の補助金をもらっているところもありますが ・・・詳細
ある一定の条件によって・・・補助金カットもあります。
因みに19年度の大学へ交付された・・・経常費補助金一覧

近年では、大学の場合定員割れが続いたり、定員の半数以下になったりが続くと
相当数カットされるといわれておりますが・・・?
まあ、大学の場合は様々な補助金が数千万円から何億円ってあるんですが・・・

専門学校になるとまた違ってくるんですね。
都道府県知事認可ということもあり、ほとんどが各都道府県ごとで助成金を決めています。
したがって、学校側に支払われる「助成金(経常費補助金)」にも大きな違いがあります。

例えば愛知県ですと、
専門学校でも・・・学校法人ですと「学校割」といったものがありません。
因みに非学校法人ですと978,000円/1校あたりです。(たった、これだけです)

では、学校法人の専門学校ですと、一人当たり13,500円です。
100人在学生がいたとしても,1,350,000円ですよ。他にも補助金対象になるものもありますが・・・
これが、岐阜県ですと38,166円なんです。
因みに、三重県が14,340円と・・・県によって違います。

愛知県は、私学への恩恵が良いとか言われていますが・・・
学校に対してはこんな程度ですよ。

しかし、高等専門学校(中卒者対象)に関しては、そこに「通う生徒」に対しての助成金(授業料軽減)があります。(個人的にはいいシステムだと思いますが)

これですと、家庭の年収によって都道府県が助成金を支払うものです。
愛知県ですと
年間に354,000円~66,000円・・・一番多いのが181,200円補助を受けている家庭でした。
岐阜県ですと、最高153,000円で最低33,000円なんですね。
この違いは凄く大きいと思います。

愛知県は・・・「教育関連の助成金が多い」などの批判もありますが、進学する子供達(家庭)に優しいシステムになっているとも考えられます。

| 経常費補助金 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。