≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

私大歯学部が入りやすくなったが・・・。

歯学部の人気離れに拍車が掛かってきた。歯医者が増え経営が難しくなったせいもあろう。

現在、国内の私大歯学部は17校。2010年度の入試で14校が競争率2倍を下回っている。更に9校に至っては競争率1.1倍だったそうだ。中には不合格者がたった1名の私大歯学部もあったようである ・・・ 関連情報

ただ、合格したとしても様々な壁がある。
私大歯学部の学納金は6年間で平均して3,000万円必要となる。(国立でも600万円は必要)
さらに、歯科国家試験に受からないことには「歯科医師」になれない。

医師国家試験は7・8割以上が合格しているが、歯科国家試験は大学によって大きな差がある。2010年度では合格率5割を切る大学が2校。内1校は合格率は34.93%であった。

友人の歯科医師の話だと研修医時代は10万円~20万円程の給料。開業時には8000万円を借りて・・・などと言っていたことを思い出した ・・・ 受験ブログへ

| 偏差値以外の大学選び② | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。