≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

ストレスを発散させて成績を伸ばす方法。

近年、ネグレストの記事が目立つのは気のせいなのであろうか。育児放棄や児童虐待など実に痛ましい話が多すぎる。親としての義務を放棄し「子供の生きる権利」を奪うのであれば最初から子供を産まなければよいと思うのだが、久しぶりにお会いした医学部教授曰く「育児放棄を考えて産む親は一人もいない」。・・・確かにそうだ。

子を持つ親は誰しも様々な壁にぶち当たる。しかし、多くはその壁を乗り越え子育てをしている。最近は環境も変わり親だけでなく子供自身がストレスをためる環境にもなったと言えよう。

特に受験を控えた子供を持つと親はもちろん子供にもストレスがたまる。
このストレスをいかに発散するかが重要になってくる。一般的には社会経験を積んだ親は自らのストレスの発散方法を知らず知らずのうちに身につけているものの子供の場合、自らでなく学校や家庭が左右する。

学校や塾において子供のストレスを考えて指導する者は未だに多いとは言えない。結局、家庭で親が子供のストレスを発散する仕組みを作ってあげることが大切なのであろう。

医学部教授や様々なカウンセラーの話をうかがってきたがその方法・手段は十人十色「その子にあった方法・・・」と話される。「運動をする」「笑う」「歌う」「音楽を聴く」「絵を描く」「テレビを見させる」「ゲームをさせる」「好きなことをさせる」「リラックスさせる」「家族旅行をする」「子供の好きなものを食べさせる」「子供と話す」などなど。

ただ、教授や心理カウンセラーの話で共通点があった。
それは、「親がストレスをためないこと」と「子供を褒めてあげること」である。
まずは両親がお互いの良いところを褒め合うこと。そして子供の良いところを毎日一つずつでよいから褒めること。叱ったら「その倍」褒めてあげることとのことだ。褒め上手の「先生」や「親」の下の子供は必ず成績も伸びるとも仰ってみえた ・・・ 参考情報

| 伸びる子 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。