≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

中高一貫で3/5、中学、高校で各3/10の確率で体験できる(?)

にほんブログ村 受験ブログへ

昨日、稲沢東高校の創立40周年記念式典にお邪魔した。
あの凛とした空気は社会に出てからもそう滅多に経験できるものでもない。

生徒が主体となり教職員、PTA、同窓会がサポートするようなカタチであった。当日の準備までに相当時間を掛けたのであろう場内には生徒たちの作品が所狭しと展示されていた。会場準備も生徒たちが中心。リハでは挨拶の仕方から椅子の掛け方、立ち居振る舞い、声の出し方に至るまできめ細かな指導が繰り返し行われていた。嫌な顔一つせず真剣な眼差しの生徒たちが印象深かった。お辞儀一つとっても「私たちでもなかなかできないな」と思えたほどだ。

当日も来賓の受付・誘導・呈茶に至るまで生徒たちが中心である。笑顔と元気な挨拶は朝の寒さも忘れさせてくれた。更に司会から裏方まで生徒たちが活躍している。主役は生徒たちであることは間違いない。

この式典を通じて生徒たちが得たものは多いはず。協調性をはじめとして責任感、思考力、判断力、礼儀作法、勤労の精神など様々なことを肌で感じ取れたのではないであろうか。

ただ、周年式典は10年ごとに行われる学校が多い。したがって、その年に在籍している生徒たちは経験できる。数字上、中高一貫であれば6年在籍。中学・高校であれば各3年在籍することになる。3/5と3/10の確率で体験できる生徒たちがいる訳だが  ・・・ 受験情報

| 中学情報 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。