≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

元々小さな塾が大学を買収か? <潰れそうな大学の見分け方>

全国的にみて初めてではないであろうか?愛知県内の某大学が破綻前にMAを考察している。

この大学は、20年度には国民の税金から1億円弱の経常費補助金が投入されているが、地元の信用金庫が引き揚げた為、自力での再生を無理と考えたのであろう。在学生の為にも破綻前に経営を譲渡すべきである。

法人では大学のほか高校と中学を経営しているが、いずれも入学者減で定員割れ。大学の定員充足率は74%。高校でも84%。中学に至っては30%で既に募集停止を決めている。

私学の場合人件費比率のデッドラインは70%と言える。しかしこの法人では68.9%にも達している。これは大学だけでなくまだ余裕のある高校も含まれている為単独ではデッドラインを超えていると思われる。更には学生生徒の納付金に依存する割合が高すぎる。一般的には70%前後だが100%以上を示している。経営改革が行われなかった証とも考えられる。

今年4月からは大学の情報公開が義務化される。したがって高校や保護者でも「潰れそうな大学」を受験前に確認することができる事になる。参考

MAに参入するのはジーエデュケーション。NOVAの破たん後事業を引き受けた会社である。
元々岡崎市の小さな塾、小さな居酒屋がスタートであったと記憶している。
フランチャイズやMAで成功を収めた企業であるが果たして・・・教育関連

| 大学MA | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。