≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

県の支援を受けて学内「企業ガイダンス」を実施する大学(?)

全国的に新卒者の就職内定状況は最悪である。愛知県においても大学生の就職内定状況は47.6%(10月末現在)と平成6年度以降最低の水準。ブランド大学や国公立大学の学生たちですら就職戦線で苦戦している。ましてや伝統のない大学や底辺層大学ではキャリアセンターの充実や就職支援プログラムなどの見直しだけでは対応しきれないことも事実である。

学生自らが就職先を探し内定を貰っていた時代は遠い昔の話かもしれない。今では大学もキャリアセンターを設け就職支援に力点を置くことが当然のようになってきている。近年の大学選びのキーワードの一つが「就職状況」であることが大学を専門学校化させたとも考えられる。

ただ、就職支援力にも大学ごとに大きな差がある。「時代が悪い」とか「学生の資質が低いから」などと言って済ませていたキャリアセンター長もいれば、スタッフ全員が分刻みで学生と面談している大学まで。人材輩出力に大きな差が出て来ても仕方あるまい。 関連情報

愛知県では就職キャラバン事業の一つとして「学内企業ガイダンス」を7大学、1専門学校で実施することになった。就職氷河期には他力を使ってでも在学生の支援をすることは必要であろう。特に歴史のない大学や偏差値の低い大学では「出口だけ」でもしっかりさせるべきである。

<愛知県の支援を受けて学内企業ガイダンス実施する大学・専門学校>
名古屋文理大学、愛知みずほ大学短期大学部、愛知工科大学、修文大学・修文大学短期大学部、名古屋学芸大学短期大学部、名古屋造形大学、金城学院大学、名古屋情報メディア専門学校

| 偏差値以外の大学選び③ | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。