≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

教員の資質 ②

今朝、元公立高校の校長さんとお会いした。
大変お世話になった方である。この方との出会いは5年程前になる。
ある、教員の研修会に呼ばれ講演をさせていただいた。
その校長さんの高校が進路指導協議会の幹事校だったようだが「教員は、世の中から相当遅れている人が多い。申し訳ないが何でもいいから教員の知らないことを話してくれ」と言われ毎年、講演させていただいていた。

最初の年である。
生意気にも確か「TPOをわきまえよう」なる題目だったと思う。
教員が学校にいる時は仕方ない場合もある。体操服だったり。ポロシャツにパンツ。スーツに白のスポーツソックス。スーツに運動靴。基本的には一般の社会人では考えられない格好である。警察か○○組・・・と変わりない風貌?である。これが「出張」や「会合」の際でも同じ格好だから・・・「染まってしまったんだろう」と、こんな話をし ・・・ 各種情報

最後に日頃気になっていた言葉を・・・・
それは「ご苦労様」である。
「様」を使っているから、なんとも感じなかったのであろうか?
基本的には「ご苦労様」ってのは上司が部下に対しての「労いの言葉」だって話したら
皆さん口を開けたままっだったことを記憶している。

学校にお邪魔すると、当たり前のように皆さんが「ご苦労様」って挨拶される。
この講演の日もそうであった。出迎えてくれた部長さんから事務長さんまでが
「ご苦労様です、こちらへどうぞ」・・・一見、敬語にも聞こえるが・・・

その校長さん私の講演後、校長室で「37年間、知りませんでした」って正直に話してくれた。
それ以来お付き合いをさせていただいている方である。
ただ、高校の情報はいろいろ頂いている。
いいことも・・・悪いこともであるが?

| 教員の資質 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。