≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

大学が会社を運営する理由とは?

株式会社が大学を設立する時代である。
大学が株式会社を設立・運営しても何もおかしくはない。

早稲田大学が昭和23年に㈱早稲田大学事業部を設立したのがスタートだったように思う。
他に㈱早稲田大学ファシリティマネジメントや早稲田大学グループホールディング㈱、㈱早稲田大学総研イニシアティブなど数社を運営している。

関西地区では立命館大学の㈱クレオテックがいろんな意味(?) で有名だ。

中部地区においては、藤田学園保健衛生大学が知る限りでは最初であろう。その後、電波学園の㈱アイテック。南山大学の㈱エヌ・イー・エス。名城大学の㈲エム・ユーサービス。愛知大学の㈱エー・ユー・エス。日本福祉大学の㈱エヌ・エフ・ユーなどが設立されている。

しかし、大学や学校法人がなぜ、会社を設立するのであろうか。
大きな意味では、資金の流出を防ぎ、学園組織内に資金をできるだけ止め、法人経営の一助にすると共に、在学生や教職員に値打ちでより良いサービスを提供していく為である。

したがって、各大学が運営している会社の業務内容はほとんど変わりない。
①ファシリティーサービス(キャンパス・校舎の整備から清掃全般) ②OA/事務用品の販売 ③図書・出版物の販売 ④学食の運営 ⑤自動販売機の設置 ⑥各種保険代理業 ⑦人材派遣・人材紹介(学校事務員・講師・教授) ⑧旅行代理店業 ⑨イベントの企画・運営 ⑩デジタルメディアや広報ツールのプロデュースなどである。

これらの業務は、大学生から教職員に対しての福利厚生ともなる。本の購入や旅行、各種保険に関しても一般よりかなりお値打ちになる ・・・ 受験ブログへ

| 企業運営 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。