≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

関西大学、大阪医科大学、大阪薬科大学で新学部を設立。

ブランド大学は改革に積極的だ。いわゆるブランド大学といえども「将来への備え」である。

文部科学省が「複数大学による学部の共同設置」を認める方針を決めたことで2010年4月に関西大学と大阪医科大学、大阪薬科大学の3大学が共同で生命科学分野の新学部を設立する。興味のあるのは、そこの学部に籍を置く学生たちの身分であるが、実は3校に同時に在籍し、学位も3校から与えられるようだ。

また、大学院においても東大、京大、早稲田大学、慶應義塾大学の4大学による大学院交流に関する協定を結んでいる。

本来は地方の三流以下の大学が考えなくてはいけないことなのであろうが、経営陣、教授陣など3流の人手の集合体だと様々な障害が出てしまうわけである。
現在、力のある大学は更に教育力も研究力も向上するだけでなくお客である学生にとって魅力的な大学となってきている。
逆に3流以下の大学は淘汰されるのを待つしかないといっても過言でない。税金をムダに振りまいてきた文部科学省もこれ以上国民の批判を受けるわけにいかないのであろう。様々な面で潰しに掛かってきたようにもみえる。

| 企  画 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。