≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

これからは「医学部」も狙い目!

日本で医師が不足していることは周知の事実である。

厚生労働省の「安心と希望の医療確保ビジョン具体化に関する検討会」(座長・高久自治医科大学長)は、大学医学部の定員を将来的に現在の1.5倍程度となる約1万2千人に増やす必要があるとした中間報告書をまとめた。

これからは医学部の形づくりや財源確保なども焦点となろうが、医学部の新設を認める方向に進むかどうかも注目される。検討会では、OECD加盟国の人口10万人当たりの医師数が日本の約1.5倍であることなどを踏まえて、現在約7,900人の定員数を将来的に5割増しの約12,000人にすることを目指すべきとしているようである。

日本の場合、医師の子息などが医師を目指す環境であったりするが、これからはもっと様々な環境下で医師を目指すものが出てきてもいいであろう。
大学の学費も考察すべき一つ。各地域での環境も問題もあろう。海外から看護士を招聘するだけでなく、このままの状況だと医師も海外から招聘せざるおえない状況になるであろう。

台湾の医学部進学は大変難しい。したがって、日本の国家資格が有効な台湾の学生たちは日本の大学に留学して資格を持って「台湾」へ帰る・・・そろそろ日本も考えなければいけない時期であろう!

| 大学・専門学校関連・・・・・・・ | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。