≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタ、JR東海、中電が設立した「海陽中等教育学校」

2006年4月に「日本初のボーディングスクール」として、トヨタ自動車、JR東海、中部電力などが出資し設立された海陽学園「海陽中等教育学校」。
理事長は、豊田章一郎氏。校長は元開成中・高校校長の伊豆山健夫氏である。

設立当時は私共だけでなく各マスコミが取り上げていたものだが、最近はほとんど話題に出ない。環境もすばらしく設備も驚くほど充実している。地方の大学や短大よりも充実していると言っても過言でなかった。

本日、某塾長さんにお会いして当校に関してもお話を伺った。
ところが、その塾ではほとんど「海陽中等教育学校」を勧めていないという。
どうも中部地区の有名塾は皆同じようである。

昔から男子校であれば、東海中学、滝中学は変わりないようだ。
中部地区では当然と言えば当然であるが。偏差値も開成、灘、東海、滝の下位と聞く。

事由を伺うと・・・。
①実績がない。
②全寮制・男子校である。
③未知数の教育者が多い。
④現在の生徒のレベルは決して高くない。
⑤学費が高い。

というのだ。「なるほど」と頷くしかなかった。
確かに私学で実績がなければ、「実績のある塾」は勧めないのかもしれない。
しかも、年間約300万円の学費・寮費を考えれば一般のサラリーマンでは当然躊躇しよう。
昨年であったか某メディアがアンケートを取っていた。受験者の家庭の年収1000万円以上が2/3以上。しかも1500万円以上が一番多かったようである。

いずれにせよ、実績造りにはもう少し時間が掛かるのであろうが、「海陽中等教育学校」の今後の活躍に期待しているのは私だけでないはずである。

にほんブログ村 受験ブログへ に参加しました。いろいろと参考になりますね。

| 一貫教育校 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。